INFORMATION

ブログ

ボルボのインテリセーフって何?

ボルボでは、自動ブレーキシステムを含む先進安全装備を総称して『インテリセーフ』

と呼んでいます。2009年に完全停止可能な自動ブレーキを日本で初めて導入して以来、

更なる先進安全装備が次々と開発され、現在のインテリセーフとなっています

しかし、インテリセーフには英語の名前が多く、お客様にはちょっと難しいと思います

そこで、今回は『インテリセーフ』をわかりやすく解説させていただきます!

 

①歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキシステム

→こちらはご存知の通り「自動ブレーキシステム」です。今や軽自動車でも装備している自動ブレーキですが、実は前方車両のみで歩行者に対してはブレーキの効かないものが大多数で、自転車まで対応しているメーカーはごくわずかなんです。また、ボルボは、「デジタルカメラ」・「赤外線レーザー」・「ミリ波レーダー」の3つの目で、前方150mを常に監視し、時速4-200kmの高範囲で作動するのも特徴です。

②RSI(ロード・サイン・インフォメーション)

→こちらは走行中、制限速度や追い越し禁止などの道路標識を読み取り、メーターパネル内に表示させる機能です。また速度超過を知らせる機能も備えています。

③DAC(ドライバー・アラート・コントロール)

→道路の車線とハンドルの操作をチェックし、ドライバーの眠気や注意力散漫などを警告します。通常走行から逸脱した操作を検知した場合、メーターパネルにコーヒーカップのサインが表示され、休憩をおすすめします。自分でも気がつかない疲れもボルボが教えてくれます。

④CTA(クロス・トラフィック・アラート)

→駐車場に前から駐車した際、後ろ向きで車を出しますが、そのときに左右から接近してくる車両を検知し警告音を鳴らします。高速道路のパーキングエリアなどでよくある光景で、見えないけど、どんどん車が来るときでも安心して発進できます。

⑤LCMA(レーン・チャンジ・マージ・エイド)

→日本語でいうと「急接近車両警告機能」のことで、後方70m以内の道路状況を常に監視しています。衝突までの時間が3.5秒未満で、車両の両側から急接近する車をドアミラー内側のLEDランプで知らせます。また、停止時にわずらわしくないように時速10km未満では作動しない設定になっています。

⑥全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

→こちらは最近日産セレナで有名になった自動運転技術「プロパイロット」に近い機能です。一般的には高速道路上で使用しますが、設定した時速で走り続けてくれるクルーズコントロールという機能に、前車の速度を監視し追従するというものです。設定した速度を上限に渋滞で前の車両が停止すればそれに合せて停止、再発進すればついていくという機能です。大渋滞の高速道では、非常に便利で、ストレスなく安全な運転ができます。

⑦AHB(アクティブ・ハイビーム)

→こちらも最近話題になっているハイビーム使用の問題です。日本では対向車や歩行者がまぶしくないようにロービームが基本になっていますが、最近の歩行者の事故を受け、ハイビームの使用を促すようになってきました。ボルボならハイビームにすれば自動的に対向車や前方車両を検知して、ロービームに切り替えるという機能が付いています。また、60シリーズ及び新型XC90には、『フル・アクティブ・ハイビーム』という機能が装備され、ハイビームのまま対向車だけがまぶしくないように、その部分だけ遮光するというすごい機能なのです。

⑧LKA(レーン・キーピング・エイド)

→車線のはみ出しを検知し、車線を逸脱しそうになると、自動的にハンドルを穏やかに自動補正します。さらに車線逸脱が続く場合には、ハンドルを振動させてドライバーに警告します。お疲れのとき、万が一の居眠り運転の際にも、ボルボが教えてくれます。(車両・グレードによっては警告音のみの「LDW(レーン・デパーチャー・ウォーニング)」が採用されています。)

⑨BLIS(ブラインド・スポット・インフォメーション・システム)

→ドアミラーの死角を監視するセンサーです。ドアミラーだけではどうしても限界があり、車線変更や左折時などに死角からバイクが通り抜けるなんて経験がある方は多いと思います。そんなドライバーから見えない死角に車両が入った際に、LCMA同様にドアミラー内側のLEDランプで知らせます。ドアミラーの内側というのがポイントで、車線変更の時はドアミラーは必ず確認すると思いますが、その時に必ず目に入る位置に設置しています。

⑩リアビューカメラ

→これは説明の必要はないかも知れません。しかし、ボルボは車両とタイヤの通過するガイドラインが出ます。ハンドルを切るとこれから通る軌道にガイドラインで誘導されます。駐車が苦手な女性の方も安心して駐車できます。もちろん小さな子どもが死角にいる場合にも確実に発見できます。

 

これらの安全装備「インテリセーフ」がボルボは全車に標準装備しています!

新しいお車をご検討のお客様は、自動ブレーキだけでなく、

他の安全装備も確認してみてはいかがでしょうか!

 

※ちなみに新型90シリーズの安全装備はさらに世界初の先進安全装備を採用

詳しくはショールームにてセールススタッフがご説明させていただきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS FEED http://cms.volvocars-dealer.com/kunitachi_news/feed?feed=rss
インフォメーション

ボルボ・カーズ国立
株式会社 志村モータース
ボルボ・カーズ国立
〒186-0013
東京都国立市青柳1-20-21
TEL.042-526-6234
営業時間:9:15 - 18:00
毎週月曜定休(祝日は営業)
>>ショールーム案内はこちら


ボルボ・カーズ国立Facebook