USED CAR

中古車情報ブログ

試乗車入れ替えに伴い2016年モデルが続々入庫!

自動車の「年式」ってご存知ですか?

国産車の多くは、新車で初めて登録した日を初度登録日と呼び、

初度登録日を基準に「年式」を決めています

例えば、初度登録日が、

2015年12月 → 2015年式(平成27年式)

2016年1月 → 2016年式(平成28年式)

 

一方、ボルボを含む輸入車では、「モデルイヤー」という制度をとっています

メーカー毎に多少異なりますが、毎年秋頃を目処に翌年モデルが発売されます

その際、小規模の変更や価格改定、一部デザイン変更などが行われます

ボルボでも、既に2017年モデルの発売を順次開始しています

 

各モデルの変更の内容によっては、在庫が残っていれば、

当年モデルイヤーの方がお買い得にお求めいただける場合がありますので、

気になるお客様は、是非セールスパーソンまでお問い合わせください!

 

ということで、ボルボ・カーズ国立では、

試乗車を2017年モデルに入れ替えを行っており、

2016年モデルの試乗車が中古車に続々入庫しています

弊社試乗車として使っておりましたので、低走行かつコンディションはバッチリ、

大変お買い得な中古車ですので、このチャンスをお見逃しなく!

 

お問い合わせは、中古車担当:熊谷(くまがい)までお待ち申し上げております

このエントリーをはてなブックマークに追加

こども達と一緒にキャンプに行こう!

【SOLD OUT】 ご成約ありがとうございました

日本車でファミリーカーと言えば『ミニバン』ですが、

輸入車でファミリーカーと言えば『SUV』でしょう!

SUVとはスポーツ・ユーティリティ・ビークルの略で「スポーツ用多目的車」のことです

そんなSUVの中でも最も人気のモデルがボルボXC60です!

 

「こども達のためにカッコ悪いけどミニバンにする」というお父さんの嘆き、

「こども達のために運転しずらいけどミニバンにする」というお母さんの嘆き、

と不満を抱えながらも、ミニバンを購入されているのが日本の現状のようです

そんな中、かっこいいパパ、かっこいいママに乗ってもらいたい車がXC60です

 

SUVならではの広大なラゲッジルームにキャンプの道具を満載し、

子供たちのためにRSE(リア・シート・エンターテインメント)システムにDVDを、

そしてボルボ・クリーン・ディーゼルを搭載したD4エンジンの加速を楽しみながら、

燃費の良さ(18.6km/L)で節約した燃料代でちょっとリッチなキャンプに!

さらにキャンプ場ではXC60の洗練されたデザインはキャンパー達の憧れの的

ボルボは、車だけではなく、そんなライフスタイルをご提供いたします!

 

お問い合わせは、中古車担当:熊谷(くまがい)までお待ち申し上げております

このエントリーをはてなブックマークに追加

『訳ありボルボ』ございます!

最近ちまたで話題の『訳あり商品』 ボルボ・カーズ国立でもご用意しています!

一見新車とまったく同じボルボがなぜか格安に?その訳は、実は中古車なんです!

日本では、新規登録(ナンバープレート取得)した車両を「中古車」と呼んでいます

つまり全く使用していない車でもナンバープレートが付いた時点で中古車になります

 

ボルボ・カーズ国立ではそんな中古車を『登録済未使用車』としてお得にお求め頂けます

ただし「登録済未使用車」は常に在庫しているわけではありません

いわゆる大人の事情で不定期に中古車市場へ出て来ます

今なら人気のV40およびV40 CROSS COUNTRYをお得に購入可能です

 

例えば、

2016年モデル V40 Cross Country D4 SE オニキスブラックメタリック

参考新車価格 4,334,000円 → 3,190,000円

なんと新車より1,144,000円お得にお求めいただくことができます

 

ちなみにこれだけお買い得な登録済未使用車ですので、

これを狙ってを探しているお客様は結構いらっしゃいます

気になる方は是非お早めにご連絡ください!早いもの勝ちですよ!

お問い合わせは、中古車担当:熊谷(くまがい)までお待ち申し上げております

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本市場にジャストサイズのS40はいかがでしょうか!

【SOLD OUT】 ご成約ありがとうございました

2012年を最後に生産を終了した隠れた名車 S40 2.4i SE はいかがでしょうか?

最近の輸入車は、アメリカ市場をメインと考えて横幅が拡大し続けています

残念ながら日本(特に我が東京)は、狭い駐車場がまだまだ多いのが現状です

特にマンションにお住まいの方は、全幅180cmの制限に苦しめられていませんか?

そんなお客様へボルボS40はいかがでしょうか?

全長447cm、全幅177cmのボディサイズは、まさに日本サイズです

小さいけれどノルディックライトオークを使用したウッドパネルや

最上級の本革シートを贅沢に使用した内装はまさにプレミアムモデルです

2.4i SEの『SE』はSpecial Equipmentの名の通り、

本革シートやパワーシート、シートヒーター、バイキセノンヘッドライト、

フロントフォグランプ、17インチアルミホイールなど上級装備を標準搭載!

走行距離もまさかの22,800kmと超低走行車です!このチャンスをお見逃しなく!

お問い合わせは、中古車担当:熊谷(くまがい)までお待ち申し上げております

このエントリーをはてなブックマークに追加

『インチアップ』って何?

ボルボ・カーズ国立は、2016年上半期SELEKT(認定中古車)販売台数において、

お蔭様で全国約100ボルボ・ディーラーの中で、3位の販売実績となりました

また、SELEKTの特徴である『お取り寄せ』件数では、全国ナンバー1の実績でした

ボルボ・カーズ国立をご愛顧いただいているお客様に心より感謝申し上げます

 

さて、ボルボ・カーズ国立のSELEKTがなぜ今人気があるのか?

もちろん圧倒的な在庫台数とバリエーションの豊富さはもちろんのこと

アルミホイールをインチアップした特別モデルを数多く用意しているからなのです!

ボルボ・カーズ国立にしかないモデルがあるからこそ、

全国からのお問い合わせ件数がナンバー1になったのではないでしょうか

 

ところで『インチアップ』ってどういうことなのでしょうか?

『インチアップ』とは、簡単に言うとアルミホイールのサイズを大きくすることです

タイヤ自体のサイズ(外径)は変わらないので横から見るとタイヤ部分が薄くなります

 

インチアップのメリットは、とにかく車がカッコ良く見えること

そしてタイヤが薄くなると横幅が広がり、高速安定性が大幅に向上することです!

(その為スポーツカーは最初からインチアップされたホイールを装着しています)

一方デメリットは、タイヤの価格が高いこと、

しかしVC国立のインチアップ車ならタイヤも最初から新品装着なので問題ありません!

(一部の車両はインチアップ後に試乗など走行しているものもございます)

 

VC国立のSELEKTは、インチアップによるメリットがいっぱい!

しかも企業努力によりインチアップ分の価格上乗せをほとんどしていません!

(通常インチアップにはアルミホイール+タイヤ代で40~80万円位かかります)

ということでVC国立のSELEKTが人気の理由がわかっていただけましたでしょうか?

 

お問い合わせは、中古車担当:熊谷(くまがい)までお待ち申し上げております

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
20ページ中6ページ目
RSS FEED http://cms.volvocars-dealer.com/kunitachi_usedcar/feed?feed=rss
USEDCAR

ボルボ・カーズ国立
株式会社 志村モータース
ボルボ・カーズ国立
〒186-0013
東京都国立市青柳1-20-21
TEL.042-526-6234
営業時間:9:30 - 18:00
毎週月曜定休(祝日は営業)
>>ショールーム案内はこちら


ボルボ・カーズ国立Facebook